2016年08月08日

夏ってやつあ(T_T)

まぢあっつぁい!
生きることに劇的に手こずっている。
まだまだこの世にのさばるつもりなのに、急降下でさらに自信がなくなってきた。
へその奥からヘルプミーである。
余生にひたすら難あり。

オルニチンに手を出してみるか〜〜(T_T)
posted by 桂 at 09:31| 日記

2016年08月01日

だりぃわ〜

ごっつあつぁい。

あつくてだりくて頭危ない。
せめて体だけは無事で過ごしたい。
頭と体は別もんとして人格も分けてみればお互いだりさも感じないのではとムダに考えてみたりした。

え、違うがな、だりさが倍増するがな(ノ-_-)ノ~┻━┻


ところで、ゴッサムCITYの市民になりました。
いつか皆の心を操っておいらがどこから見てもレディガガに見える怪人になって名誉市民になってみせる。
そしてニグマに愛されたい。


posted by 桂 at 13:03| 日記

2016年07月22日

サラ・ブライトマン・・・2016/7/19フェスティバルホール

サラ・ブライトマンのコンサートに行ってきた。
老ママの付き添いである。
取った席は2階の前列はしっこで、とても景観がよい。
その景観の良さとブライトマンの美声がもたらしたものは容赦ない感涙。負けの心持ちである。

日本人の心のスネとも言える泣き所を確実にねらったまさにただようような美旋律「坂の上の雲」のテーマ曲と、紫外線っぽい幻想的照明、さらに杉花粉っぽいスモーク効果で意識は朦朧だ。
要するにズバリ泣けた〜〜〜震えた〜〜〜〜
勝手に見える景色が壮大すぎて目がくらんだもんだ。

そもそも歌手(分類学的に)のコンサートなんて過去に来たことがあったのか、子供の時にダークダックスにつれていかれたことはあったかもしれない。
結構楽しく萌えた気もする。

バンドのライブは死なない程度に死ぬ程行ったけど、今回オーケストラにドラムスがついてそれらがスピーカーから結構な爆音で出ているなんてとても違和感があった。
弦の音色がやさぐれてる。

常にオーケストラは加工なしの生音が自然の摂理で一番の地球の軸なのだ。


途中ピアニストが繋ぎに出てきて、おいらの宝の曲ラフマニノフ(ラフマニノフが好きだ〜って気持ちは誰にも負けない、な少女期のままオババになった)のピアノ協奏曲二番の3楽章だけを女だてらに荒々しく演奏。
いささか猛々し過ぎた感じだったが、アノ日だったのかもしれない。

とにかく、ふいに聞けたのでひたすら陶酔しつつ、でもオーケストラもピアノもスピーカーから聞こえてきてるという事実に戸惑う。
戸惑いながらもやはり感涙。
涙腺も押し寄せ続ける年波には勝てないようだ。

負けてばかりである。
さらに繰り出されるブライトマンの歌声に、何故か、昔のおいら、今のおいら、これからのおいら、、そんな何の意味もへったくれもない時間経過に思いをめぐらせ、流れゆく歌声に身をゆだねてしまいまた泣けた。
特に隣の老ママとのこれから、大事と思った。

時にテノールさんとの二重唱があり、とても二枚目な甘いテノールはキチッとした端整な歌声で聞き応えがあったけど、ブライトマンは殆どのパートをソプラノとは異なる発声で歌うからスピーカーからのテノールとはどうしても片手鍋とフライパンのように重なりが悪い気がする。

そう、マイクが余分な音を拾いすぎていてとても耳に違和感があった。

やっぱオペラがええわ。

とは言え、ブライトマンさんの歌、心身に響きました。



帰りの電車で阪神の結果をみてこの全ての感動が一瞬にして吹き飛んだのは言うまでもない(ノ-_-)ノ~┻━┻


posted by 桂 at 23:47| 日記

2016年07月11日

つぶしひま。

ひま〜〜〜〜〜〜〜〜
ひま〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会社ひま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5時まで息しかすることねえし。




医師免許でもとるか。
posted by 桂 at 12:52| 日記

2016年07月07日

心のサプリメントが必要とみた。

だるい、しんどい。
目を動かすことすら重労働だ。
とてもウォーリーは探せない。
生きているが、死後2週間の気分である。
臭いはおさえてある。たぶん。

ああ、ふんわりソファに身も心もゆだねた銅像になりたい。
脇腹あたりににゃんこが密着していれば完璧だ。
できれば、小銭でもそなえてほしい。

最近目にした高麗人参サプリでも服用すべきなのか、と悩むとこだけど、「絶対効果なんてないよお金のムダ」と営業妨害まがいの耳打ちをし、注文ボタンをポチっとしそうなとこをかろうじてふみとどまった。
大体過去の経緯から、こういうサプリめいた物は続いた試しがないので、最近は手を出さないよう気を付けている。

黒酢、   腹出続けた
プラセンタ、    しわたるみさらに増殖
セサミン、      失せ続ける意欲
大豆、     女の揺らぎは永遠か
青魚、     物忘れ?覚えることも忘れたな

等々、手を出してみた。
続いているのは一つとしてない(自慢)
テレビなどでみる驚愕の効果なんて、あるわけない。
あるなんて思うな。
似非だ似非(ノ-_-)ノ~┻━┻

即効性がなければそれはただの「危険な誤嚥体験ギグ」である。
サプリというのは何故こんなに大粒なのか、と見るだけで喉の詰まりを覚えたもんだ。
それも一粒とかではない。
6粒も7粒もが喉をこすって胃に入っていくさまをレントゲンの絵面でもって想像するなら、目一杯の腹部膨満感を感じ食欲も失せる。
それでなくても加齢の標準装備で食が細いのに、味のないサプリが主食だなんて文字通り味気ない。
ちなみに食が細いからと言って痩せないのもお得で悲しい標準装備である。


で、ここんとこねらってるのが飲むだけで加齢な下腹がへこむってサプリ。
ミドリ虫がいいらしい。



……って……結局、懲りてないことがわかる。


ただ、今度こそはと心の底で密かに思っていたりする。
posted by 桂 at 12:43| 日記