2016年11月29日

漏れを防ぐ。

おとなってえらいなあ。

溜まりにたまって体中の大小の穴と開ききった毛穴から吹き出しそうになってる愚痴をポリエチレンのラップで覆って、破れ目から出てきそうになったらガムテープでさらに補強している。
勢いよく吹き出してこないように、、

力いる〜〜〜疲れる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(T^T)
痔になりそうだ。


いいさ、クソガキ野郎は相手にしないさ


あ、微的にもれちまったぜ。
失敬失敬。


ふきふき。
ふきふき。
posted by 桂 at 21:00| 日記

2016年11月05日

マリメッコ展。

友達に誘われて、マリメッコ展に行ってきた。

会場の大谷美術館はとても厳格なたたずまいで西宮の顔とも言える。言い過ぎか。
子供の頃から何度か来たけど、今回は何十年かぶりに来たことなる。
あまりにも久し振りすぎて甘酢な懐かしさは全くわかない。
ここが、あのルーブルよと言われても疑わないかもしれない。ま、さすがに、それはない。

こんなデカかったっけ。
とか思いながら中へ。

あきらかにモードに興味がありそうなリンネルナチュラルふわふわマフィンみたいな(ベレー帽必須)女子が多く訪れていた。
おいらも若かったら是非身に付けてみたいファッションである。
若いというだけで許される気がする。

だが、マリメッコのモダンファッションはと言うと、若いだけでは投石の的となるはずなので気をつけたい。
特に大柄な目を剥くようなビックリ柄のテキスタイルデザインは時に高所得階級の親を持つ幼稚園児のお仕事着と見紛う恐れがある。
マネは禁物。

女性の魅力を引き立てた洗練された歴代の服飾デザインというのは、そもそもそこに女の基本的魅力があってこその話だからね。
持ち合わせのない女にとっては身に付けた時点で人生の汚点にしかならない。

ただ誰もいないところで着てみたいとは思う(-_-)

ファブリックとして部屋の目玉にするにはもってこいだと思うけど、部屋によっては見殺し感満々(おいらの部屋のこと)


そして夜はふたりでしっぽりと焼鳥っ。
ここは2度目の来店。
なんか気に入ってしまってまた来たかったからなりゆきまがいに無理やり友達を連れ込んだ感じ。
いや〜〜〜〜楽しかったなあ、幼なじみってええなあ。
過去の思い出がピンポイントで一致するんだぜ。
まあ、記憶が霧中なので一発一致ではないけれどね;


posted by 桂 at 00:00| 日記

2016年10月31日

いつにも増して自己嫌悪。

やっちまった。
会社で一番怒らしたらあかん可燃物のような上司、怒らせたぜ。
せっかく縮こまってうまいこと日々隙間に挟まって過ごしてたのに、パートの分際で悪態ついちまった、おいらって馬鹿。
結局、謝ったってさらにカッコ悪い結末。
ああ、自己嫌悪。

会社やめてぇ〜〜〜

人生って(T▽T)
疲れる。・゜゜(ノД`)

こんなとき5億円の宝くじさえ当たってくれたら、
気分が晴れるのに(T^T)




posted by 桂 at 17:44| 日記

2016年08月30日

出会いと別れ。

体調わりい。
つわりかもしれない( ̄ー ̄)
( ̄ー ̄);;;;;;;

いろんな意味でありえへん。


先日の夜遅く、うちの外猫クリが庭でひとりではしゃいでたから、クリかわいいなあ〜とか思ってよく見ると小さなスズメを嬉嬉とした笑顔でいたぶってたから慌てた。
くわえてるし、悲鳴きこえるし。


すぐさまクリを追い払って動けなくなってた瀕死なチュンチュン(すでに名前つけた)を助けだし家に連れて入ったのだ。

クリが、俺のオモチャ返せ〜戻せ〜とかなりしつこく言っていたようだが、誰が返すか。

おいらのそっと掴んだ状態の手の中でじっとしてるチュンチュン。
うお〜〜〜小さな小さな黒いお目めがもんのすげえかわえ〜〜〜たまらん〜(T▽T)
とは言え、どこかに噛み跡や、傷口があったらと思うが怖くて確認できない。
ただこの弱りようではもうダメだろうと思い、もう襲われないよ大丈夫だよ、と囁きかけ続けた。
水をくちばしに付けてみるけど飲まない。
もう静かに逝かせてあげるしかない。
しこたま頭や背中をなでまくった後
クッションにザル被せてそのなかで眠らせた。

ところが翌朝、予想外に元気に飛んでいきました。

よ、よかったあ〜〜〜〜(;゜∇゜)
さよなら〜アディオ
礼はいらないぜ〜〜〜〜〜〜〜〜(;_;)/~~~

ただのショック状態だったのね。
情わきまくりで寂しかったさあ。
飛べなくなってたら、飼おうと思ってたのに(T_T)

かわいかったなあ…………
けどほんとよかった(*^_^*)
posted by 桂 at 17:33| 日記

2016年08月16日

ムショ生活苦。

ご〜〜〜っつあつぁい。

今日もひまという刑に服している。
シャバはあつぁいから、あえて無実の申し立てはしない。
元来居心地のいいムショだからだ。

ところがなにかしら最近社内にやたら若くて花のように美しいニューフェイス達がちらほら出没し始めついにはいついてしまい、高齢者ははなはだ肩身が狭い。
匂い立つばばあ度が際立って顕著である。
この栄光はダントツ一位である。
ま、自然の摂理なので消臭しつつ縮こまって半笑いで過ごす日々である。

思えば昔は若かったんだなあ。
まわりには結構なオバチャンたちもいたので、それとなく若さのミエを切ってたけど、いくら若くてもおいらをうらやんだりする人は全く居なかっただろう。

そして今、急速に居心地が悪くなってきたムショである。

ああ、脱獄してえε=ε=。・゜゜(ノД`)
posted by 桂 at 12:23| 日記