2016年08月30日

出会いと別れ。

体調わりい。
つわりかもしれない( ̄ー ̄)
( ̄ー ̄);;;;;;;

いろんな意味でありえへん。


先日の夜遅く、うちの外猫クリが庭でひとりではしゃいでたから、クリかわいいなあ〜とか思ってよく見ると小さなスズメを嬉嬉とした笑顔でいたぶってたから慌てた。
くわえてるし、悲鳴きこえるし。


すぐさまクリを追い払って動けなくなってた瀕死なチュンチュン(すでに名前つけた)を助けだし家に連れて入ったのだ。

クリが、俺のオモチャ返せ〜戻せ〜とかなりしつこく言っていたようだが、誰が返すか。

おいらのそっと掴んだ状態の手の中でじっとしてるチュンチュン。
うお〜〜〜小さな小さな黒いお目めがもんのすげえかわえ〜〜〜たまらん〜(T▽T)
とは言え、どこかに噛み跡や、傷口があったらと思うが怖くて確認できない。
ただこの弱りようではもうダメだろうと思い、もう襲われないよ大丈夫だよ、と囁きかけ続けた。
水をくちばしに付けてみるけど飲まない。
もう静かに逝かせてあげるしかない。
しこたま頭や背中をなでまくった後
クッションにザル被せてそのなかで眠らせた。

ところが翌朝、予想外に元気に飛んでいきました。

よ、よかったあ〜〜〜〜(;゜∇゜)
さよなら〜アディオ
礼はいらないぜ〜〜〜〜〜〜〜〜(;_;)/~~~

ただのショック状態だったのね。
情わきまくりで寂しかったさあ。
飛べなくなってたら、飼おうと思ってたのに(T_T)

かわいかったなあ…………
けどほんとよかった(*^_^*)
posted by 桂 at 17:33| 日記

2016年08月16日

ムショ生活苦。

ご〜〜〜っつあつぁい。

今日もひまという刑に服している。
シャバはあつぁいから、あえて無実の申し立てはしない。
元来居心地のいいムショだからだ。

ところがなにかしら最近社内にやたら若くて花のように美しいニューフェイス達がちらほら出没し始めついにはいついてしまい、高齢者ははなはだ肩身が狭い。
匂い立つばばあ度が際立って顕著である。
この栄光はダントツ一位である。
ま、自然の摂理なので消臭しつつ縮こまって半笑いで過ごす日々である。

思えば昔は若かったんだなあ。
まわりには結構なオバチャンたちもいたので、それとなく若さのミエを切ってたけど、いくら若くてもおいらをうらやんだりする人は全く居なかっただろう。

そして今、急速に居心地が悪くなってきたムショである。

ああ、脱獄してえε=ε=。・゜゜(ノД`)
posted by 桂 at 12:23| 日記

2016年08月08日

夏ってやつあ(T_T)

まぢあっつぁい!
生きることに劇的に手こずっている。
まだまだこの世にのさばるつもりなのに、急降下でさらに自信がなくなってきた。
へその奥からヘルプミーである。
余生にひたすら難あり。

オルニチンに手を出してみるか〜〜(T_T)
posted by 桂 at 09:31| 日記