2017年03月14日

誰もゲップはしてはならぬ。

どうのたうち回ったってたどうしようもないこともある。
そんな自分をどうにかなだめて過ごす日々に涙。
なんつって。




さてこの前会社の健診で、人生初のバリウム体験をした。
この年になって初めてだなんてなんて初々しいの。
もちろん初めての事に挑戦しよう、と、いうポジティブモーションではない事は明らかだし、周りの人の経験談を聞く限りとても素敵な時間を過ごせるナイスな体験ではないらしいし。
ただ、もうそろそろ観念し時だなと(それなりに病が心配な年齢)

とにかく2週間前から憂うつで、ストレスフルだった。
反動で胃ぃ悪い。
同時に心のケアも必要な気がする。

で、当日まず入院患者のコスプレをして、勧められるままに飲んだ発泡剤。

ムリ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これ何〜〜〜〜〜〜〜
ゲップ出るやろ、絶対出る。
ゲップどころか胃袋が喉元まで浮き上がって口からポコっと出る勢いなのだ。
お腹いっぱいの時に倒立前転させられたみたいな。

ありえね〜〜〜〜〜〜〜
驚愕の苦しみに顔を歪めていると横で係りの方が、ちょっとならゲップしてもいいですよ、って。
いいんかい〜〜はよ言って(ノ-_-)ノ~┻━┻

小さいゲップ。
小さいゲップ。
大丈夫ですよ〜膨らみ足りない時はもう一回飲んでもらいますからね。
………………………………
大きいゼック。

なんとか落ち着いてバリウムイン。
これまた粘度のあるきっつきついしろものだ。
胃袋が破裂しそうなときにこんなもん飲めねえし。
絶対身体に悪いやろ(T^T)

そしてイヤイヤちびちび飲み干して口の周りにバリウムを泥棒っぽくつけまくったまま、NASAの宇宙飛行士の訓練みたいな無重力感を演出した空間で、グルグルされる、と言うかアナウンス指示を受けて自ら回る。
結構まがぬけている。

さいごに鏡で口の周りのバリウムを見て笑いながら下剤を飲んで終了である。


いや、白いアレを排出してのち完了と言える。
posted by 桂 at 17:34| 日記