2017年03月18日

バレエ同窓会。

かれこれ15年は会ってない、元バレエ友が東京から仕事の都合でやってきたので、こちらの元バレエ友と共に飲み会。
やもう、ほんとに久しぶり〜
ちょっとこましな和食屋さんで、再会を楽しんださ。

当時の先生が独裁的指導を高らかにけたたましくしてくださってて、下々の我々はやらかしたブロガーのように身も心も裂けるほど叩きのめされていたもんで、そら、心の繋がりが半端ないのだ。
いい大人が泣いていたし。
ある意味金かけて得た痛い青春。

ただ、何ですぐ止めなかったのかがいまだに不思議だけど。

ちなみに講座名は「大人から始めるやさしいバレエ」であった。
どおよ。


しこたま高級な日本酒をどんどん頼み、油の切れかけた舌に染み入り至福な時をわかち合った。

そして二次会。

ワインを一杯飲もうと入ったお店は、もうドリンクのみの時間と言われお腹は出てるので、いや、いっぱいなのでまあそれで、と入店。

と、メニューをみるならば乙女心(奇跡的にあった)がざわついてざわついてどうしようもないほど真っ赤なイチゴが散りばめられたピザに目を奪われ、へその奥から手がでるほど食いたいという淫らな欲求に支配されて誰も止められない状況に陥ったのだ。
これを久々のトキメキと言わずしてなんとする。

もちろん今、今、今食べたい。

普段清々しく大人しい我々だが、ここは一変大阪のおばちゃんパワー全開で注文取りに来た素直そうな可愛くて若い女性につけこんでねじ込むしかない。

もう食事はダメなんですよね〜

でもこれ食べたいんだけど、どうしてもダメな感じかなあ〜〜
ダメかなあ〜〜
すっごい食べたいなあ〜〜〜〜


ちょっと聞いてみますね



ここで勝利を確信した。

大丈夫みたいです!

やり!



もうそら、旨くて旨くてとろけそうになりながら、おばちゃんという意識のありがたみを感じつつ頂いた。

でもさあ、イチゴなんて余らすより今日中に出しといたほうが店側としても良かったんちゃうの〜

と、店を出てから当然そこも流れで言わせてもらうのだ。

posted by 桂 at 00:00| 日記

2017年03月14日

誰もゲップはしてはならぬ。

どうのたうち回ったってたどうしようもないこともある。
そんな自分をどうにかなだめて過ごす日々に涙。
なんつって。




さてこの前会社の健診で、人生初のバリウム体験をした。
この年になって初めてだなんてなんて初々しいの。
もちろん初めての事に挑戦しよう、と、いうポジティブモーションではない事は明らかだし、周りの人の経験談を聞く限りとても素敵な時間を過ごせるナイスな体験ではないらしいし。
ただ、もうそろそろ観念し時だなと(それなりに病が心配な年齢)

とにかく2週間前から憂うつで、ストレスフルだった。
反動で胃ぃ悪い。
同時に心のケアも必要な気がする。

で、当日まず入院患者のコスプレをして、勧められるままに飲んだ発泡剤。

ムリ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これ何〜〜〜〜〜〜〜
ゲップ出るやろ、絶対出る。
ゲップどころか胃袋が喉元まで浮き上がって口からポコっと出る勢いなのだ。
お腹いっぱいの時に倒立前転させられたみたいな。

ありえね〜〜〜〜〜〜〜
驚愕の苦しみに顔を歪めていると横で係りの方が、ちょっとならゲップしてもいいですよ、って。
いいんかい〜〜はよ言って(ノ-_-)ノ~┻━┻

小さいゲップ。
小さいゲップ。
大丈夫ですよ〜膨らみ足りない時はもう一回飲んでもらいますからね。
………………………………
大きいゼック。

なんとか落ち着いてバリウムイン。
これまた粘度のあるきっつきついしろものだ。
胃袋が破裂しそうなときにこんなもん飲めねえし。
絶対身体に悪いやろ(T^T)

そしてイヤイヤちびちび飲み干して口の周りにバリウムを泥棒っぽくつけまくったまま、NASAの宇宙飛行士の訓練みたいな無重力感を演出した空間で、グルグルされる、と言うかアナウンス指示を受けて自ら回る。
結構まがぬけている。

さいごに鏡で口の周りのバリウムを見て笑いながら下剤を飲んで終了である。


いや、白いアレを排出してのち完了と言える。
posted by 桂 at 17:34| 日記

2017年02月06日

クローザー

FOXクラシックに悪意を感じてる今日この頃。

このチャンネルは数年前にFOXクライムから名前がFOXクラシックに変わって内容も主にアメリカの古びた昔のドラマを放送するようになった。
おいらはもうかれこれ覚えがないほど昔FOXクライムの前からこのチャンネルをスカパーで見ている。
歴代面白いドラマを多く放映していた。
ところがFOXクラシックになってから、今さら見たいと思うか、ってドラマばかりやっているのだ。
「大草原の小さな家」
「奥さまは魔女」
「かわいい魔女ジニー」
「冒険野郎マクガイバ」
「白バイ野郎ジョン&パンチ」
「…………クルマがAIのやつ」


などなど。
とりあえずおいらは一切見たくない。



このチャンネルの契約は単独で月750円で、バカにならない金額である。

ならなぜ執拗に契約し続けているのか。
それはね、クライム時代から唯一続けてやっている、ベストな噛み合わせがはっきりしなくなるほどのズッコケ度がたまらない最強ドラマ「クローザー」があるから。。
主役のブレンダの大口(あらゆる意味で)もさることながら、回りを固めるじいさん達がしとしとしててそぼふるわ。

何度見ても何回も見てしまう。
最近はシーズン5と6を吹き替えでも字幕でも何度も何度も何度もひつけく繰り返し放送してくれている。
何度も見て覚えてるのにいろんなとこで毎回必ず笑えるし、愛せるし、スカッとするし、もちろん涙もある。
こんなに目にタコができるほど見てるのに飽きないドラマは他にない。
大絶賛である。
だからとても感謝すべきチャンネルではある。

ただ、最終シーズンである7、
いったいいつになったらやってくれるのかい。
もう数年前にとっくに終わってるのに。

引っ張ります引っ張ります。
視聴者は逃さないって寸法か。

とは言うもののまだまだ何度も見続けたい「クローザー」である。
で結局チャンネル契約解除できないとう結論は変わらない。

posted by 桂 at 17:46| 日記

2017年01月21日

蔵開き。

おいらの住んでるここは酒蔵の町。
少し歩けば酒蔵と出会いがしらの頭突きができます。

このごっつ寒い日に蔵開きだなんて、よけいに愛が募るってんで、飲んべえ達が狂おしく大集結していた。

今日は近所の「浜福鶴」の蔵開き。

酒作りの唄保存会の皆様が奏でる日本酒がことごとく旨くなりそうな、こぶしのまわったいかした唄とデカイ樽をかき混ぜる法被姿の蔵人さんたちのパフォーマンスがたまらんく日本酒愛を膨大にかきたてる。

いやあ〜全幅の信頼を寄せてもいいご年配の方の笑顔とお声に癒されるわ〜
なんといっても、試飲のただ酒、これにはさらに癒されるう〜
なんぼ飲んでも怒られねえ。
寒さも忘れるわ。こりゃ。

で中で色々買い込んだんで、くじ引きまわしたら黄色い玉が転がり出たよ。
なんと三等。
小さい甘めの日本酒気味なワインが2本当たりました。
すげ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
鐘鳴らしてくれたさ〜〜〜〜〜〜〜

でもできたらとなりに並んでた大吟醸(二等)か、蔵出し(一等)が良かったけどな。

こすい(-_-)
posted by 桂 at 00:00| 日記

2017年01月20日

朝ってば。

最近の朝はかなりきつい。
全然起きれない。
誰かに眠薬たんまりもられてるのか。
おふとんとの絆が強すぎて離れられない関係になっているのだな。
おいらの生涯でこんなに強い力で身も心も結ばれた事はない。
淋しいが、ふとんくん(♂)だけだ。
ほっといて(ノ-_-)ノ~┻━┻

今日もトロトロぐずついた朝模様。
遅刻も念頭に置いていた。
理由ももちろん想定済みで、エヘヘ。
ま、間に合ったので次に使おう。

何より足元で丸くなって寝てる起きなくていい生活のにゃんこが何とも激しく妬ましくて仕方ない。
君とももちろん離れがたいよ。
君はどうか知らんけど。
posted by 桂 at 12:56| 日記